心からキレイになりたい、キレイにしてあげたい方へ メイクセラピー検定

合格者の声

豊永 純子さん

ぬくもりを伝え、心に寄り添う。

豊永 純子さん

  • 看護師・化粧ケア専門士
  • 認定メイクセラピスト

サロン「studio jun」代表としての活動のほか、看護大学等での講演や、看護師向けサイト「看護roo!」での連載、動物看護師の専門誌「as」でも連載予定。看護師として総合病院の手術室に勤務していましたが、メイクを学び、その後は病院、介護老人保健施設での勤務と、メイクセラピストとしての活動を並行して行っています。

映画のヘアメイクアシスタントをしていたこともあり、その際に自分の中に生まれた違和感が、メイクセラピーとの出会いへと繋がっていきました。映画のメイクは撮影のためのものですから、撮影が終われば役者さんはメイクを落しますし、再びそのメイクをすることもありません。それは当たり前のことですが、でも、私がやりたかったメイクは、もっと日常を暮らす女性や、その周囲の人たちの記憶に残っていくメイクだと気づいたのです。例えば「こんなメイクをして仕事がしたい!」と思っている女性が、その希望を叶えることで、自分に自信を持って働けるようになったらとても嬉しい。さらに、周囲の人からも、彼女が生き生きと輝いて見えればさらに嬉しいです。日常生活はカメラで記録されていませんが、印象は多くの人の記憶に残ります。誰かの人生をメイクで応援していけたら素敵だと思います。

介護施設の利用者様にメイクを施し、そのご家族に写真をプレゼントするというプロジェクトを実施していました。重度の認知症から普段は会話もままならず、笑顔も見られない方でも、私たちが伺う日はお化粧をするということだけはわかるらしく、その日は笑顔を見せてくださいます。お化粧する、と思うだけでも表情が明るく変わるんです。また、メイクアップした写真を、後日利用者様が亡くなった際に遺影として使用されたという話も多く、ご家族の方が「笑顔を遺せてよかった」「元気な頃のことを思い出せる」などと言ってくださっていたという話を施設の方からお聞きしました。メイクセラピーの効果は、ご本人に喜んでもらえるだけでなく、ご家族への癒しにも大きな意味を持ちます。

看護師とメイクセラピストの共通点は「手」を使って人を癒すことができること。ぬくもりを伝え、心に寄り添い、ケアを通して患者さんやクライアントさんに笑顔になっていただいた瞬間が、最も嬉しい瞬間です。

松田 喜子さん

お客様の心の変化を間近に

松田 喜子さん

  • 千葉美麗塾 オーナ・スリス主宰
  • 美麗トータルアドバイザー&認定メイクセラピーアドバイザー

今の自分から変わりたい、人の役に立つ仕事に就きたいと資格を探していた時にメイクセラピーと出会いました。メイクセラピスト養成講座(主催:株式会社コンシャスインターナショナル)でメイクの知識や心理学を学び、物事の捉え方が変わり、行動も前向きになりました。メイクの仕事の経験が全くない主婦がメイクセラピーを受け、メイク講師になりたい、女性のために役に立つ仕事をしたいとビジョンを描いたことで一つ一つ夢が叶っていきました。 現在はメイクレッスンだけではなく、パーソナルカラー・エステ・小顔矯正など、お客さまのご要望にお応えする内に当サロンで扱う商品も増えていきました。メイクセラピスト養成講座で習得した心理学やカウンセリング、聴く技術は全てのメニューにおいてお客さまとの信頼関係を結ぶことにつながりました。

どのお客さまにも共通してあるのは、あのときの私と同じ「変わりたい」という気持ちです。「どのような女性にみられたい」「どのように変わりたい」かを明確に、具体的にしていくことは、メイクセラピストとお客さまの共同作業であり、そのためのカウンセリングの時間をとても大切にしています。1度目より2度目、3度目と、ご来店を重ねるごとに内面から表情が明るく変わっていくお客さまの姿を間近にできるこの仕事は、お客さまだけではなく私自身の気持ちもより前向きに、そして、働くことの喜びを実感させてくれる仕事です。

メイクセラピー検定を受験し、認定メイクセラピーアドバイザーという資格をいただいたことは大きな自信につながり、カルチャー講座やイベントなどの仕事のご依頼もいただけるようになりました。女性の本当の美しさとは内面からの輝きです。これからもメイクセラピーの技術を軸に新しい自分へ一歩踏み出すお手伝いをさせていただきます。楽しくて、自分も幸せな気持ちになれる職業に出会えたことに日々感謝の気持ちです。

日暮 有希さん

今すぐに自分に生かせる!お客様へだけでなく自分自身をみつめるきっかけになりました

日暮 有希さん

  • ANGELICA主宰 ブライダルディレクター
  • 認定メイクセラピスト
  • 婚礼衣装(洋装・和装)アドバイザー

主にブライダル業界で活動している私が日頃強く感じていることがあります。
それは、相手の気持ちをわかろうとすること、人に感謝できること、がとても大切だということです。花嫁様と結婚式の準備を進めていると、ご予算のこと、ご家族のお話、マリッジブルーのご相談など、様々な話題がでてきます。
そんなとき、メイクセラピーを学んで身につけたコミュニケーション手法や、ニーズの引き出し方などの知識やスキルがとても役に立っています。
また、ご結婚された後も、メイクセラピーを通じてお客様とつながっていくことができるようになったのもとても嬉しいことです。
ご出産後に職場復帰されるにあたって印象を変えたい、仕事が多忙でも女性らしさを取り戻したい、など様々なご要望に応えられるメイクセラピーを活用し、これからも、末永く女性の応援団でありたいと思っています。

婚礼衣装ドレスショー担当を経験後、アニヴェルセル表参道へ入社。
1000組以上の婚礼現場に立会い、チーム責任者を務めた後、退職し、ANGELICA設立。
東京ビュティーアート専門学校、東京モード学園等での講師業や、多くのブライダル企業における事業企画・開発・営業支援、ドレススタッフ研修、エステシャン事業責任者研修など、多岐にわたり活躍中。

塩月 美香子さん

“印象”が変われば、人生が変わる!と信じて…

塩月 美香子さん

  • メイクセラピー&カラーサロン Moon Color代表
  • 認定メイクセラピスト
  • メイクセラピー検定 実技審査員
  • 文部科学省後援A・F・T 1級色彩コーディネーター
  • 日本パーソナルカラー協会認定 パーソナルカラーアドバイザー
  • NPOポジティブ心理学研究会認定カウンセラー

私がメイクセラピーに出逢ったのは、パーソナルカラーの活動を始めてまもない頃で、女性が外見だけでなく、もっと内面的にも自信を持てるようなサポートをしたい、と思っていたときでした。この手法を取り入れれば、きっとそれを実現できる!という思いから、メイクセラピーを学び始めました。

メイクセラピーによって、外見を変えると、“印象”が変わります。それは、第一印象に限ったことではありません。自分の外見を変えることで、今、すでにある人間関係の中での自分の“印象”をも変えることが可能です。そして、“印象”が変わると、自分の気持ちが変わり、ふるまいや表情も変わってきます。すると、周りからの見られ方が変わります。そうなると、「もう、今さら変わらない・・・」と思いこんでいた人間関係の在り方までもがガラリと変わってくるのです。
「“印象”は、いつからでも変えられる」 そのことをもっともっと多くの女性に知っていただき、体験をしていただきたい、そのために、これからも積極的にメイクセラピーを拡げる活動をしていきたいと思っています。

忠岡 祐美子さん

私にさらなる自信を与えてくれたメイクセラピー

忠岡 祐美子さん

  • メナード化粧品春蘭城北代行店 店長
  • メナードフェイシャルサロン lultime verite (ルルティム ヴェリテ) オーナー
  • 認定メイクセラピスト
  • メイクセラピー検定 実技審査員
  • 幼稚園教諭2種免許/保母資格/(社)日本アロマ環境協会 アロマテラピー検定1級
  • 食品衛生管理責任者/ハーブティーアドバイザー

私は幼稚園に勤務後、メナード化粧品の販売代理店を開業しました。現在、お客様への付加サービスとして、メイクアップを施しております。いくつかのメイクアップスクールに通うなどの努力を重ねた結果、4年に一度開催される「メイクフェスタ(メイクアップコンテスト全国大会)店長の部」で特別賞をいただくことができ、自信を持ってお客様にメイクできるようになりました。しかし、考えてみると、私がお客様に施してきたメイクは私の感性だけで行う自己満足のメイクだったように思います。
メイクセラピーの理論は、お客様から「なりたい自分像」を聞き出し、それに伴ったメイクを施すことです。メイクセラピーを学習してからは、お客様が「自分自身でもこのメイクをしたい」と言われることが多くなり、使用した商品を購入されるという嬉しい結果につながっています。
私はこの仕事が大好きです。お客様をキレイにすることで、お客様から笑顔という最大のご褒美を頂ける本当に素敵な仕事だと思っています。
これからも、もっともっとたくさんの笑顔を増やしていきます!!

水谷 純さん

英語&日本語・手話を駆使し、グローバルに活躍するセラピスト!

水谷 純さん

  • The Beauty Therapy 代表
  • JMAN正会員(ジェイマン/ジャパンメイクアップアーティストネットワーク正会員)
  • 認定メイクセラピスト
  • 日本スカルプケア協会正会員(頭皮ケア)
  • スカルプケアリストスクール・セルメソッド2級課程修了(スカルプアドバイザー2級)
  • フロムハンドメイクアップアカデミー/ビューティーアドバイザーコース卒業
  • 小林照子伝承専科Ⅰ(マッサージ専科)&Ⅱ修了
  • 網野式着付け初級取得

私とメイクセラピーの出会いは、仕事中の1つの疑問からでした。
『メイクの技術は学校や本で学べるけれど、様々なクライアント様と触れ合う中で、心の美容の方はどうしたらいいのだろう?お客様と触れ合う中、顔を施術するメイク技術だけで、その人を心の内側から美しくする事に貢献できるのだろうか?』当時の私は、アメリカの大学で心理学の基礎は学んだものの、それをどう実用していくのかはわからない状態でした。

インターネット検索で、カウンセリング技法も学べるメイクセラピー検定があるのを知り、早速トライ。2級対策講座及び1級認定講座受講を経て、1級に合格することができました。諦めずに勉強を続けて、本当に良かったと思っています。
1級に合格してから自分に自信がついたのは勿論、自己紹介や名刺を渡す時、『メイクセラピストという職業があるんですね、お化粧だけじゃなく、カウンセリングもしていただけるなら安心ですね。』という、言葉を頂ける事も有難く思います。

今までは、『お化粧出来るんですね。』だけでしたので、自分の仕事内容を詳しく説明しなくても、瞬時に相手にわかって頂けるのも、実際仕事をしていく上で、大変プラスになっています。

これからメイクセラピー検定を受験なさる皆様、そして考慮中の皆様、ぜひ挑戦してみて下さい!皆様の技術・自信・笑顔で、1人でも多くのクライアント様に、素敵な笑顔をプレゼントしてみませんか?

切手 裕香さん

お客様の気持ちをきちんと理解できるビューティーアドバイザー育成を目指して…

切手 裕香さん

  • ビューティーアドバイザーとして化粧品販売を経験後、中日美容専門学校 ビューティーアドバイザークラス メイク担当
  • 認定メイクセラピーアドバイザー

私はビューティーアドバイザーを目指す生徒達のクラスを担当していました。
実際に私もビューティーアドバイザーとして化粧品販売を経験し、生徒には販売やメイクをするだけでなく、お客様の気持ちをきちんと理解し、最高のおもてなしができるビューティーアドバイザーになってほしいと願い指導していました。
メイクセラピーでコミュニケーション手法やカウンセリング法などを学ぶ事で、就職して即戦力になれる事はもちろん、お客様と信頼関係を築く事ができるビューティーアドバイザーになれると考えて授業に導入しました。 ビューティーアドバイザーを目指す生徒全員が、メイクセラピー検定2級を取得できることを心より願っています。